ほどき屋のブログ

身体と心をほどく等々力渓谷ライフ♪ 


<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

束の間の



クコの実と新芽を摘んできました。
等々力不動尊の近くの道路際の空き地にありました。

同じ空き地でも、ブロック塀の奥まったところのクコは
葉も元気がなく、ほとんど実はついていませんでした。

排気ガスのためでしょうか。

日当りのよいところにある赤い実をひとつひとつ採るのは
とっても心躍ります♪

きっと小鳥たちは、ここに来て、赤い実をついばんでいるのでしょうね。
収穫した実は、しばらく天日干しにして、おかゆに入れてみようと思います。


今日はベランダから束の間のお日様が入ってきています。
この時間に、部屋の中のハーブの日光浴です。

短い時間だけど
植物は太陽が当るとうれしそうに見えます。
体験談レポート | コメント投稿→ -
読み終わったらクリックしてね♪→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

多摩川で見つけた野草たち



昨日の雨とうってかわって、今日はいいお天気でした。

晴れた午前中に、玉川神社へ参拝に行きました。
銀杏はもうほとんど葉を落としてしまっていましたが、晴れ着姿でお宮参りの和やかな家族が微笑ましかったです。

ちょうど神社を出たときに、ご近所さんからお散歩にご一緒しましょうとのお誘いがあり
多摩川まで行くことにしました。

多摩川には、そのままの雑木林が残っていて、その中に分け入って収穫してきたものがこれです。何だかわかりにくいですが。。。


クコの新芽です♪
このところの気温の差のせいでしょうか、今頃新芽があるのです。。。。
新芽のところはとても柔らかく、指でさっと採ることができます。


帰宅後、さっと茹でて食べてみました。
野生の力を感じます!増血剤にもなりますね〜。

それから、初めて手にとった蕎麦の実です。
お友達は、これを挽いて、蕎麦を打ちたいと言っていました。
多摩川の自生の蕎麦から作るお味はどんなのでしょう?


赤い実は、野生の薔薇の実。
ローズヒップです。
ビタミンCが豊富で、女性に人気のローズヒップ。
クリスマスシーズンの赤い飾りにします。
アカツメクサも摘んできました。

部屋のなかがほわっと暖かくなったようです。

土手を歩くのは、疲れますが、自然の恵みを手にした喜びはなんともいえない充実感です。
晴れた日に、多摩川への散策はいかがですか?



テーマ:世田谷区
体験談レポート | コメント投稿→ -
読み終わったらクリックしてね♪→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

水引で細工



きれいなチューリップの花束が、壁に飾られていました。


造花なのは、すぐにわかると思いますが、材料は何だと思いますか?

じつは、これは「水引」でできているのです。
ご祝儀袋にあしらわれている、紙の色紐の水引です。
それを細かく編みこんで、形を作っていました。

昔から和紙作りが盛んな長野県飯田市で、全国の水引製品のおよそ7割が生産されているそうです。
また立体的な水引細工としては、石川県金沢市が有名です。

水引の結び方で、結び切りというのは、一度で終わるという意味で用いられます。
例えば、快気祝いで病気を繰り返さない
結婚祝いで離婚・再婚を繰り返さないというふうに。。。

蝶結びは、婚礼をのぞくお祝い事に使われます、
喜ばしいことは、何度あってもうれしいものですから。

また、明治以降に考案されたという「あわじ結び」は、両端をもって引っ張ると、強く結ばれることから
「末永くつき合う」という意味をこめて使います。


話は変わりますが、そろそろ年賀状のアイディアを考える時期ですよね。
はがきに色鮮やかな水引を使うのも、和風テイストでいいかもしれません。

私は赤い糸、金糸、和紙などを使って2010年の年賀状を作ってみました。
少しだけ凹凸ができて、存在感がある1枚になります。
くわしくは、「おしゃれでかわいい年賀状2010」でどうぞ〜♪



テーマ:和雑貨

体験談レポート | コメント投稿→ -
読み終わったらクリックしてね♪→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

国分寺崖線



世田谷区の崖線マップを眺めながら、「思い馳せの路」を辿って歩きました。
いつものように、おにぎりをリュックに入れて、お茶を持って出発です。

探して歩くポイントの目印は、これ。

その所々の道際に、地域の特色と自然の見どころが紹介されています。

静かな佇まいの神社を発見しました。
宇佐神社と書いてあります。
鳥居をくぐって、参拝することにしました。

決して華美ではないけれど、境内のあちこちには、かき集められた落ち葉の山があります。
神社を守る人が、お世話をしていらっしゃるのですね。

私は、気が向いたときに、神社によく足を運びますが、神殿にカメラを向けることはありません。
その場で手を合わせて、さっと帰ってきます。
この落ち葉の山は、大事なことを教えてくれたように思います。


テーマ:世田谷区


体験談レポート | コメント投稿→ -
読み終わったらクリックしてね♪→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

アジア舞台芸術祭 2009 IN TOKYO

東京芸術劇場で開催されている「アジア舞台芸術祭 2009 IN TOKYO」を見に行ってきました。


この催しは、2002年に東京で開催され、2003年デリー、2004年ハノイ、2006年台北、2008年ソウルとアジアの各都市をまわり、今回は再び東京に帰ってきたものです。

アジア、舞台といって私がすぐに連想するのは、舞踏です。
ほんのちょっとだけ舞踏の経験がありますが、そのときの身体の使い方から学んだものはとても大きかったからです。

今回は4日間にわたって各会場で様々な出し物を見ることができます。
私は事前にネットで申し込みをして、初日に出かけました。

最も注目したのは「KAPPA」という作品です。
花伝「KADEN」シアターカンパニーの岡田圓氏が、ベトナム水上人形劇の短編をアレンジして現代との融合を試みたものです。



高くそびえ立つお城の前に広がる水の中で、それは行われました。
音楽とともに水面に出てきたのは、金色の龍。おそらくは水の象徴です。
そしてカップルの鳳凰が仲睦まじく卵を産み、人は水辺で遊び、行水をしたり水に親しみます。
水中の生き物たちは、そこでの暮らしに満ち足りていたはずなのですが
ある日、人間によって文明とか進化とか権力とかいうものが近づいてきます。

水の生物を代表するカッパは、つい心を奪われて、それらを手にしようと水から上がっていきます。
このあたりは、カッパに扮した役者さんが、水の中から現れてパフォーマンスを行うのですが
全身びしょぬれで、観ている私も寒くなりました。
しかし、カッパが魅力在るものにつられる様子、そして時が経って、自分がなにをしたか、間違いに気づく後悔の様子などは、身体の動きだけでありありと感じとれました。

台詞のないものは、身体の動きに観客の注目が全て注がれます。
この場合のパフォーマンスはカッパの衣装を付けての表現なので
人に伝えるには、かなりの激しさ、力強さが要求されると思いました。
立ち姿の腰の位置、歩く時のつま先の角度、外観を真似ようとするのは難しいことです。

しかし、ここではカッパを表現するというより、演者はカッパになっていました。
私が見たのは、カッパでした。。。。。(^^)/
不気味で、哀れで、無邪気な水辺の生き物でした。
人形劇としてみるだけでも十分楽しめましが、カッパさんにじっと注目してみると、その熱が感じられます。
冷たい水の中でのこの演技は素晴らしいです。。。。。。


身体を使った表現は、身体以上に心が入ることが大切だと思います。
そのものに成りきるとき、それは決して単なる出し物、作り物ではなく
人の心をノックする感動というものが味わえるのだと思います。

カッパをそそのかす役の女性の発声は、とてもしっかりしていて、聞き取りやすく情感に溢れ、特筆すべきものでした。




体験談レポート | コメント投稿→ -
読み終わったらクリックしてね♪→ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
プロフィール
写真をクリック!
お問い合わせ
  • こちらから質問を受付けています


follow aro21 at http://twitter.com
ほどき屋謹製逸品珍品
リンクボタン
ほどき屋プロデュース
リンクボタン
京都女がビシッと語ります。 見えない世界に興味のある人に参考になるでしょう。
RECOMMEND
幸せが授かる日本の神様事典 ~あなたを護り導く97柱の神々たち~
幸せが授かる日本の神様事典 ~あなたを護り導く97柱の神々たち~ (JUGEMレビュー »)
CR&LF研究所
第一部と第三部およびコラムページのテキスト&イラストをほどき屋が担当しました!
RECOMMEND
おしゃれでかわいい年賀状2010
おしゃれでかわいい年賀状2010 (JUGEMレビュー »)
毎日コミュニケーションズ
ほどき屋あろ作家デビュー♪
コラムページ3へGO!
RECOMMEND
植田 自然味良品 元祖ボール 73g×12個
植田 自然味良品 元祖ボール 73g×12個 (JUGEMレビュー »)
間違いなく“うまい”です。食べたことない方はぜひ一度お試しあれ♪
ほどき屋の本棚
おすすめサイト
リンクバナー120×60ピクセル
POWERD BY